圏外からのひとこと

このブログはアンカテという新しいブログに移動しました。
記事はアーカイブにコピーしてありますので、 コメントやリンクはそちらにお願いします。

1999|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|12|
2000|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|
2002|01|02|03|04|05|06|07|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|


2006-03-15 [長年日記]

* 新ブログ「アンカテ」オープン

このブログのコンテンツは、アンカテ(Uncategorizable Blog)という新しいブログに移しました。今後は、そちらで更新していきます。

このサイトは、近いうちにコメント欄を閉じた上で、更新停止のまま放置する状態になると思います。


2006-02-26 [長年日記]

* このブログは移転します。

近いうちに、このブログは移転します。

移転先アドレスは、http://d.hatena.ne.jp/essa/ です。


2006-02-18 [長年日記]

* 永田議員はハメられた!

サーバ不調の為、このエントリーは、圏外からのひとこと 避難所に移しました。

またしばらくの間、新しいエントリーは、避難所に書きます。

(ひょっとすると、そのまま引っ越すかも)


2006-02-17 [長年日記]

* 野口氏怪死事件中級編 -- 新石垣空港に関する疑惑をどう評価するか?

入門編では、「確実な事実」のみを扱いましたが、ここから、不確実な推測も交じえます。そこで、まず、これを読んでいただきたいと思います。

「きっこの日記」は要するにどんなサイトなのか(きっこの日記検証3) [絵文録ことのは]2006/02/08

じゃあどうしろというのか。「きっこの日記には○○と書かれていた」という情報をプールしておいて、どうでもよければ「そういう話がネットに書かれていた」で終わらせればいいし(おれにとっては後藤真希が灰皿を投げようが投げまいがどっちでもいい)、もしその真偽を確認したければ自分で調査すべきなのだ。「普通の人には情報の真偽を判断する手段がないから、報道/サイトの情報を信じるしかない」なんていう思考停止した発言をする人がたまにいたりするけど、そういう人はご愁傷様ですが情報に振り回され続けていてもらうしかない。信じるのではなく「情報の真偽を保留する」という思考がどうして持てないのかと疑問に思う。

ポイントは「情報の真偽を保留する」ということですね。

マスコミや警察に疑惑がある以上、権威ある筋によって確認された情報のみでは真実に至れないことは明白です。だからと言って、ブログや2ちゃんねるに書いてあることをそのまま信じては、躍らされるばかりです。

必要なことは、「情報の真偽を保留」していることをしっかり意識して、情報を受けとることだと思います。これから書くことも、確定した疑惑というよりは、むしろ、どちらかと言えばやや無理のある推論です。だから、私としては、これを読む人にも、そのまま真実と受け取っては欲しくありません。

しかし、「情報の真偽を保留」したまま、フォーカスを当てるべき問題というのはあると思います。その例として、2ちゃんねるの【ライブドア】 野口氏、ライブドアの"石垣新空港周辺土地買収トラブル"に巻き込まれる?…ゲンダイ報じるというスレッドに書かれていた、「新石垣空港」に関する疑惑を野口氏怪死事件につなげる一連の推理を取り上げてみたいと思います。

赤旗の奇妙な沈黙

まず、この推理は、野口氏の事件について赤旗が触れてないことからスタートします。

このように、政権を批判、監視する野党として積極的に時事問題についても発言する赤旗ですが、なぜか、野口氏の件については触れようとしません。以前触れた革新系文化人の奇妙な沈黙とともに、非常に不可解なことだと思います。

新石垣空港に関する疑惑

次に、「新石垣空港」についての疑惑に着目します。この空港については沖縄タイムス:新石垣空港に設置許可/国交省から。

国土交通省は十九日(2005/12/19)、県が申請していた新石垣空港の飛行場施設と航空灯火の設置を許可した。建設場所をめぐり約三十年間、紆余曲折を経て三度たどってきた新石垣空港は航空法に基づく設置認可を受けたことで、本年度内に実施設計に着手、来年度から用地買収など建設事業が本格化する。

ということで、現在の石垣空港とは別の場所に新しい空港を作るという話があって、その場所の選定を巡って30年間の紆余曲折を経て、去年の末に決まったものだそうです。そして、この設置場所について4つの案があり、稲嶺恵一知事の私的な諮問機関の検討を受けて「カラ岳陸上案」に決定されました。その経緯については、新石垣空港課 位置選定委員会の知事提言に書かれています。

疑惑というのは、この用地や近辺の土地を決定前に購入し、諮問機関の決定に不当に介入して、土地の値上がりによって不当な利益を得た者がいるのではないかということです。また、同時に、最終的に決定した「カラ岳陸上案」以外の土地を購入した筋は大損をして、その後始末を巡って見えない所で暗躍があったのでは?という話です。

革新系でありながら与党に接近する石垣市長

そして、この空港の建設を熱心に推進した地元石垣市長の大浜長照氏は革新系です。確かに、赤旗にも沖縄・石垣市長選/革新・民主の大浜氏圧勝/3選果たすという記事があります。

さらに、この市長は政権与党の側の国会議員を支援したことで、反自公の市議ら、支援者の反発を受けたという報道がある通り、一方で政権与党の側にも接近しているそうです。環境にやさしい空港を/乱開発防止にも決意/大浜市長知事に感謝【八重山毎日オンライン】という記事を見ると、稲嶺沖縄県知事との関係の深さもうかがえます。

2ちゃんねるの探偵氏は、革新系、特に共産党系の政治家が政権与党に擦り寄ることを、かなり不自然な動きととらえているようですが、これはどうなのでしょうか。地方政治の現場では、完全に中央の硬直したポリシーに添った動きだけをしているわけにもいかないような気がします。

また、石垣市長が魚釣島上陸検討という話もあって、中国に対してかなり挑発的な言動をとっていることから見ても、単なる革新系一本の市長でもないようです。

稲嶺知事のスケジュールにある謎の「休日」

稲嶺知事のスケジュールを見ると、ほとんど休みなく精力的に活動されていることがわかりますが、なぜか、1月18日だけが空白になっています。12月も平日は全部埋まっていて、この三ヶ月間で空白になっているのは、2月にペルーから帰国された翌日である2月2日だけです。

そして、この1月18日という日は、ライブドアに強制捜査が入った2日後であり、野口氏が亡くなったその日です。

もちろん、知事にだってプライベートな時間があって当然ですが、年末年始に一週間以上休まれた後のこの空白は何なのかは気になります。

「情報の真偽を保留」したままでフォーカスを当てるべき問題

さて問題は、これらの事実と、ゲンダイが報じた「野口氏、ライブドアの"石垣新空港周辺土地買収トラブル"に巻き込まれる?」という話が、うまくつながるかどうかです。

「政権与党や裏社会もからんだ革新系の政治家による壮大な陰謀があり、それに野口氏が巻きこまれた」と仮定すれば、ひとつのストーリーが描けることは確かですが、全体をつなげるには具体的な根拠が希薄であると私は考えます。

しかし「新石垣空港」問題自体については、また、公共事業を巡る疑惑ですから、たとえ明白な証拠がなくても追及すべき問題であるとは言えるでしょう。また、野口氏の事件を巡っては革新系のメディア関係者に不可解な動きがあることもほぼ事実ですから、それにも注目すべきだと思います。

だから、これは、「情報の真偽を保留」したままでフォーカスを当てるべき典型的な問題であると私は考えます。

* 警察とテレビを信じるならば

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1140086758/116

偽名でチェックインして睡眠導入材を買って、着るつもりもないTシャツを買って袋を捨て、包丁を買って、歩きながら箱を取って捨て、三つ葉のマークを刻印し、むき出しの状態にしてTシャツにくるんで、買った店を分かりにくくしガウンを着たまま、まだ着てもいないTシャツを広げ足元においておき、わざわざ血まみれにしてクビ、手首、腹を掻っ捌き、大動脈を切っていたにもかかわらず、不思議な力で五分以上意識を保ち、ブザーを二回押しなぜか本名をしっていた従業員に声をかけられるまで長い間生きていた。

警察とテレビを両方信じるならば、こういう話になりますね。野口さんが包丁を買った時のレシートがあったという話はあるのですが、その箱が発見されたという話はありませんから。

なんらかの組織が野口さんを沖縄に呼び、カプセルホテルで待ち合わせをしてTシャツにくるんだ包丁で野口さんを刺し、止めを刺した。遺体を切り刻み、これ見よがしに「三つ葉のマークのようなものが入った包丁」をおいておくそれをみた捜査員は、すべてを察知。上層部は緘口令をひいてこの事件を自殺で封印。

こっちの推理とどちらが自然でしょうか?

「現場の状況に何か暗黙の合図があった」という推測は、かなり合理的なものだと思います。

* 表現の自由とアーキテクチャの「過去」と「未来」

「表現の自由」について、レッシグの言う「アーキテクチャ」を考慮した上で再考すべき時期が来ていると思う。

この問題は、過去につながる部分と未来につながる部分がある。

過去につながる部分とは、Sankei Web 国際 イラン大使、ホロコーストの存在に疑問呈すみたいな話。この話の背景としては、eirene - ムハンマドの漫画 まとめがわかりやすい。

一つは、イスラム報道や中東問題(特に、パレスチナ紛争)における欧米メディアの「二重基準」が改めて問われた事件だった。パレスチナ紛争に関しては、欧米メディアの基本的論調は、pro Israel と決まっている。欧米人がかつてユダヤ人を差別、迫害し、その結果として現代イスラエルが建国されたという歴史事情があり、欧米メディアは中東問題を公正に報道し、論じる視点に立つことが極めて難しい(つまり、イスラエル批判を行うと、それが正当なものであるか否かに関わらず、反ユダヤ主義という批判の声があがることになる)。

いくつかの記事にあったが(中略)、欧米メディアの「二重基準」は、イスラム世界の人々には熟知されている。ところが、欧米メディアの側には、その自覚が薄い。だから、風刺漫画の掲載について「表現の自由」という原則をメディアが堅持し、風刺漫画の再掲載を止めないこと自体が、ムスリム側からは偽善的な態度として映ってしまう。

ちょっと検索すると、アウシュウィッツ「ガス室」の真実―本当の悲劇は何だったのか?という本とそのレビューが見つかった。これには、そのアマゾンのページのkokunan678氏のレビューに厳しい批判があるのだが、たとえ問題の多い主張だったとしても議論自体を封じるのはどうかと思う。

「二重基準」を解消するには、イスラム教批判に一定の配慮、抑制を求めるか、ユダヤ人問題に関するタブーを取り去って公開の議論を可能にするか、どちらかになるだろう。私はこういう問題については、両方とも「表現の自由」として認めるべきだと考えてしまう。

おそらく、私がそう思ってしまうのは、こういう主張が過去にどういう帰結をもたらしたか、過去の言論人がそこからどのように苦い教訓を引き出してきたかを知らない、つまり、過去を知らない人間であるからだと思う。

しかし、安易に「言論の自由にも一定の節度と抑制が必要だ」と言う人に、私は「あなたは未来を知らない」と言いたい。

これまで、言論や表現に社会的な合意の元で一定の規制を行う場合に、「その規制をいかに徹底するか」ということは問題になっても、「その規制が徹底されることで発生する副作用は何か」という問題は顕在化しなかった。そこまで規制を徹底することは物理的に不可能だったからだ。大手メディアに発表することは不可能でも、ミニコミ紙を発行したり、私的な集会を持つことは、事実上黙認されてきた。

しかし、言論や私生活がネットに依存するようになると、この状況が一変する。何もかも記録し、監視し、規制することが、どんどん容易になっていくのだ。

ネットと言うと、目の前のパソコンで動いている「メール」や「ホームページ」しか理解しない人には、そのような「未来」が見えにくいと思う。「別にパソコンを使わなければいいでしょ」くらいに考えてしまう。しかし、ネットをIPパケットのルーティングネットワークと見て、多様なデータを統一して扱えることの利点を理解している人間には、パケットに乗せられるものの可能性の大きさの分だけ、未来の「監視」がどのように徹底されたものになるかを想像できる。それが自分には想像できないくらい拡大していくことを理解している。

このような「過去」と「未来」の衝突は、いろいろな形で起きはじめていると思う。

どちらも具体的に批判する意図はないが、ここで起きている議論がすれ違っているように思えてならない。

「過去」が「未来」を規制しようとすると、どうしてもあさっての方から強すぎる規制をかけることになる。そして多くの場合、それは副作用が多く実効性が無い。このままでは、おそらく最終的には泥縄式かつ強圧的にP2Pを全面禁止してアングラ化する方向に向かうだろう。

「過去」の意図は過去に承認されたものだったとしても、それは暗黙に過去の「アーキテクチャ」を前提として承認されたものだ。現在の「アーキテクチャ」や未来の「アーキテクチャ」を前提として、どのように「過去」の意図を遂行していくかについて、誰も承認してはいないはずだ。

「過去」を知る人は「未来」の人に「おまえは過去を知らない」と言う。実際に彼は「過去」の歴史を知らない。「未来」を知る人は「過去」の人に「おまえは未来をわかってない」と言う。実際に彼は「未来」を理解してない。

「過去」と「未来」の間にどのような対話が必要なのだろうか?

当ブログの関連記事


2006-02-16 [長年日記]

* 野口氏怪死事件入門編

野口英昭氏の「自殺」事件については、ネットでたくさんの噂が流れています。マスコミの報道も錯綜していて、何が何だかわからない方が多いと思います。そこで、この事件について入門編として、ごく基本的な事実だけをまとめてみたいと思います。しっかりフォローしている人にとっては、新しい事実や仮説はありません。

まず、ネットの中での噂については、ごく簡単なものですがこの記事がまとまっています。

しかし、これ以上の詳細を知ろうとすると、さまざまな仮説があって、それぞれに説得力はあるものの、かなりの時間をかけても全体像がなかなか見えてきません。

この事件については、まず、噂や仮説と事実を分けて考えることが重要だと思います。野口氏が亡くなった状況や、そこに至る行動については、たくさんの矛盾した証言があって、何ひとつ確定したこと無いと言ってもいいかもしれません。ただ、次の点については、噂や推測でなく「事実」と言っていいと思います。

  1. 警察が当日中に「自殺」として処理をしたこと
  2. マスコミの報道が二転三転していること
  3. 沓掛国家公安委員長と縄田警察庁刑事局長が国会で「犯罪に起因しないものである」という見解を述べたこと
  4. 野口氏は腹部大動脈を切断していること

1は、当ブログの野口英昭氏自殺記事の報道内容のバラツキにリンクした複数の報道によって確認できます。2は、まとめサイトに詳しく出ています。3は、国会議事録で確認できます。4は、週刊現代2月18日号p.31-32(引用は上記まとめサイトより)の次の記述で確認できます。

医師は「腹部の大動脈を刺しているところが一番決定的なところで、まるで大動脈を狙って刺したかのようでした。亡くなった方は、医学的な知識がある方ですか?」と逆に遺族に尋ねたという。

文春の報道によると、死体検案書にも書いてあるそうです。

ですから、まず、この4点を基本的な事実として暗記しておいてください。この4点については、複数の証言がある確定した事実です。

ここで、ひとつだけ推測を入れます。それは「動脈を切断した人間は、大量に出血し、数秒で意識不明になる」という推測です。私は、医学的な専門知識はありませんが、一般常識としてそのように理解しています。間違っていたら指摘してください。

「腹部大動脈損傷」というのが、この事件の特異な所です。この大動脈は背中に近い所にあって、普通はそこまで深く刺すことはないそうです。過去の有名な切腹事件を起こした、三島由紀夫や阿南惟幾のケースでも、傷がそこまで達してなかったので、すぐに意識不明になることはありませんでした。

しかし、野口氏のケースでは、腹部大動脈を切断していることを、検死した医師が確認しています。そこを負傷した時点で、ほぼ即死に近い、全く身動きできない状態になったものと推測されます。

ところが、血だらけの野口氏を発見したホテル従業員の証言は、「ブザーを(数分間隔で)二度押した」「肩で息をしていた」「目をそらせた」等、この「事実」と一致していません。実際の所、死体発見前後の状況は一番ブレが激しい所なのですが、マスコミの報道の中に、腹部大動脈切断という事実と矛盾する証言がたくさん出てきていることは確かです。

しかし、沓掛国家公安委員長は即日自殺と断定して、再度捜査した上で、国会で自殺と証言しています。そして、死体発見時の判断の根拠については、次のように証言しています。

死体の状況、それからその部屋の状況、それにあたって、最初に発見された方々、その他色々な状況から判断して、これは犯罪によるものではないという、まず判断がございました。

もし、一部の報道を信じるならば、その後の捜査により新たに出てきた証拠によって、この判断が正しいことが裏付けられたわけですが、この時点、死体発見直後には、ここに至る野口氏の行動については捜査してませんから、何もわかってないはずです。それにも関わらず、警察はこれを即自殺と判断して、上層部もそのことを問題にしてません。

これが怪しい。

これは大問題だと思います。たとえ、これが自殺であるということが結果として確認できたとしても、最初の時点で、そう決めつけてしまうことは決定的におかしいわけです。しかも、それは沖縄県警の現場単独でなく、警察全体としてこれを認めた証言を、国会でしているわけです。

もう一度、確認しますが、ここに書いた内容については、怪しげなソースや飛躍のある推測はいりません。たくさんの人間によって確認された事実だけでわかる話です。

ということで、入門編のまとめ。

  1. 警察が当日中に「自殺」として処理をした
  2. マスコミの報道が二転三転している
  3. 沓掛国家公安委員長と縄田警察庁刑事局長が国会で「犯罪に起因しないものである」という見解を述べた
  4. 野口氏は腹部大動脈を切断している

→ この国の警察はおかしくて、大半のマスコミはそれを追求する気がない(したくてもできない?)

* 過負荷?問題その後

xreaさんのサポートに問い合わせた所、5分!で回答があって、下記のスレッドにあるのと同じ問題ではないかとのことでした。

ClickableTooltipを入れた関係で、先月からJavaScriptライブラリソースの転送量が増えていたのですが、これが過去のアクセス増の時には発生しなかった転送量上限オーバーという問題をひきおこしていたようです。

ClickableTooltipを削除したところ、2日たってほとんど発生しなくなったので(ゼロではない)、とりあえず本館に戻って様子を見ることにしました。

しかし、xreaさんは、いつも対応が無茶苦茶早い。


リンクは誰にも妨げられないあなたの権利です
ウェディング問題を考える会

書いている人: essa

追記

アンテナ ブックマーク
この日記のRSS
本サイトをrollyoで検索

2006-03-15

新ブログ「アンカテ」オープン

2006-02-26

このブログは移転します。

2006-02-18

永田議員はハメられた!

2006-02-17

野口氏怪死事件中級編 -- 新石垣空港に関する疑惑をどう評価するか?
警察とテレビを信じるならば
表現の自由とアーキテクチャの「過去」と「未来」

2006-02-16

野口氏怪死事件入門編
過負荷?問題その後

2006-02-09

エラーの状況について
避難所生活
過負荷?問題レポート

2006-02-08

一時的引越しのお知らせ

2006-02-07

「質の悪い言論の自由」と「P2P不拡散防止条約」
音極道茶室: 東横イン不正の「本当に悪質な」部分
カミングアウト予告
I have never been abroad in my life!

2006-02-06

ボケとツッコミとブロゴスフィア

2006-02-03

ネット検閲批判は一筋縄ではいかない
Google Images Censors Too in China
デンマーク風刺画問題
顔のない編集がテレビをダメにした
「RubyやPython」か「PythonやRuby」か?

2006-02-02

(アンチ小泉+野口氏自殺説)×3=?
不審死つながりで……
ブログの条件はpermalinkとアーカイブと「呼吸」


最新のツッコミ: 1.Aipdygka(2010-03-29 15:51)
2.さき(2010-01-30 11:55)
3.田中真奈美(2008-11-17 22:51)
4.emeromiurdy(2008-09-15 05:38)
5.seven card stud poker(2008-05-13 11:54)
6.misty(2008-02-11 02:58)
7.olga(2008-02-11 02:53)
8.lloyd(2008-02-11 02:44)
9.warren(2008-02-11 02:32)
10.hermelinda(2008-02-11 02:18)